プリザーブドフラワーの不祝儀はどのようなものがある?

プリザーブドフラワーはお祝いに渡すイメージがありますが、現在は不祝儀にも利用されることがある層です。急な不幸にもプリザーブドフラワーの通販では多くの場合、日時指定を受け付けていると言われています。では、不祝儀で送るプリザーブドフラワーにはどのようなものがあるのでしょうか?


プリザーブドフラワーでもやわらかい色を

プリザーブドフラワーのお供え花では、薄い紫や青、ピンクなどのやわらかい印象のある色合いのアレンジメントが多いそうです。お供え花専門でアレンジメントを扱うところでは、ペット葬に利用できるフォトスタンドにお花が敷いてあるものもあります。もちろん、動物以外にも利用できますから、思い入れの強い写真を利用するといいでしょう。


バラの花を控えめに利用するものも

プリザーブドフラワーはお供え花でも、長い期間、自宅などで飾るということを前提としているので、生花よりは少しだけ華やかな印象になるものもあります。中にはバラの花を利用するものもありますから、地域や習慣によってどっちのお花を渡すのか判断するといいと言われています。挨拶で出すという場合であれば、生花が無難という意見もあるそうです。仏壇用の仏花も作られているので、遺族が購入しているケースも多いそうです。

No comments allowed