プリザーブドフラワーのブーケはどう選ぶ?

プリザーブドフラワーとは1年以上、生花のような色で咲くことのできる新しいお花です。花びらに含まれる樹液を抜き出すという特殊な加工を施して、お花の命を伸ばしています。このお花は、ウエディングブーケでも利用されているそうです。


プリザーブドフラワーのブーケで一生の記念に

過去、ブーケはブーケトスを行うものでしたが、現在、日本ではこの習慣が減ってきていると言われているそうです。代わりに、ブーケをプリザーブドフラワーで制作し、持ち帰る、ゲストみんなに、帰りにプレゼントするという人が多いと言われています。オーダーメイドのブーケを通販で受け付けているショップも多くあります。


ドレスの色と形に合わせて選ぶ

ウエディングブーケの選び方は、まずドレスの形や色に合わせるものとされています。バラの花が多く利用されますが、他のお花を希望する場合も、お店が作れるものであれば可能なケースが多いそうです。ドレスだけでなく、体型で横幅が気になる場合には、ブーケの尾を長くするスタイルできれいに見せることもできます。また和装の場合にも、ブーケを使うことは可能なのだそうです。メリアという大輪の一輪ブーケを利用することもあるといわれているそうです。

No comments allowed