プリザーブドフラワーでつくることのできるお花

プリザーブドフラワーでは、加工された花弁を組み立てなおしてお花の形を作ります。通販などで多くあり、薔薇の花などを利用したアレンジが非常に有名です。しかし、プリザーブドフラワーでは他に、ガーベラやあじさい、カーネーションなど、シチュエーションに応じたお花をつくることが可能だと知っていましたか?


プリザーブドフラワーの種類

プリザーブドフラワーを扱っているお店でも、お花の種類は商品数が全く違うのですが、多くの場合はバラ、カーネーション、アジサイ、菊の花などが多いそうです。菊は仏花で見るものではなく、ラウンド型の菊などもあります。またカスミソウなども扱えるそうです。みどり色の部分にはライムなどの飾りを利用するので、さみしさも少ないそうです。


お祝いに合わせて選ぼう

例えばウエディングであれば、定番の薔薇のお花もいいでしょう。不祝儀でお渡しするのであれば、菊の花を利用したものが多いと言われています。お祝いや相手の好きなお花、お花の色を知っていれば、相手の好みに沿ったアレンジをいくらでも加えられる、変更できることもプリザーブドフラワーの魅力といえます。お店によってはお花の色だけを変更できるサービスもあるそうですから、アレンジメントの幅もとても広いものになるのです。

No comments allowed