プリザーブドフラワーはお祝いに渡すイメージがありますが、現在は不祝儀にも利用されることがある層です。急な不幸にもプリザーブドフラワーの通販では多くの場合、日時指定を受け付けていると言われています。では、不祝儀で送るプリザーブドフラワーにはどのようなものがあるのでしょうか?


プリザーブドフラワーでもやわらかい色を

プリザーブドフラワーのお供え花では、薄い紫や青、ピンクなどのやわらかい印象のある色合いのアレンジメントが多いそうです。お供え花専門でアレンジメントを扱うところでは、ペット葬に利用できるフォトスタンドにお花が敷いてあるものもあります。もちろん、動物以外にも利用できますから、思い入れの強い写真を利用するといいでしょう。


バラの花を控えめに利用するものも

プリザーブドフラワーはお供え花でも、長い期間、自宅などで飾るということを前提としているので、生花よりは少しだけ華やかな印象になるものもあります。中にはバラの花を利用するものもありますから、地域や習慣によってどっちのお花を渡すのか判断するといいと言われています。挨拶で出すという場合であれば、生花が無難という意見もあるそうです。仏壇用の仏花も作られているので、遺族が購入しているケースも多いそうです。

プリザーブドフラワーなどをバースデイやウエディングなどのお祝いにプレゼントする人が増加傾向にあると言われています。インターネット通販でも購入できることから、実際にお店に行かなくても人気の高い商品を送ることができるのです。


プリザーブドフラワーは本物を見なくて大丈夫?

お花をプレゼントするというと、どうしても実際にお花屋さんに行って、お花を選ぶというイメージが強くあるかと思います。お花があまり分からないとしても、店頭のブーケなどは自分で見て選ぶことができます。一方で、宅配スピードなどが速くなったことから、生花も通信販売が増えているという意見もあるそうです。また生花と並列して、プリザーブドフラワーを店頭で扱うお店も、徐々に増えています。


写真を参考に選ぼう

プリザーブドフラワーを通信販売しているネットショップでは、サンプルとなる商品の写真が掲載されています。この写真とほとんど同じデザインになるものと思いましょう。後から染色を行っているので、色が大きく異なるということは少ないと言われているそうです。また送料や、日付、時間帯の指定などで比較するのもいいでしょう。中には、お花の色の変更などの相談に乗ってくれるところもあるそうですから、お気に入りのショップを見つけられるといいですね。

花屋で直接お花を購入している方も多いとは思いますが、最近ではネットで購入する方も増えています。
通販にプリザーブドフラワー専門店があるくらい人気になっているものですが、注文する際に気を付けている事はありますか?気になった商品を見つけてそのまま注文画面にいってしまっている方も中にはいるでしょう。しかし、その注文の仕方は良くないのでもう一度よく考えるようにしましょう。通販サイトでプリザーブドフラワーを注文する時は、必ず色彩を確認するようにしましょう。ネット上の写真と実物の色は異なりますから、なるべくスタッフに確認するようにした方が良いと思います。返品可能なお店であれば良いかもしれませんが、中にはそれが出来ない場合もありますので、問い合わせするようにしましょう。


プリザーブドフラワーは繊細なものだから

造花やドライフラワーと似たようなものだと考えている方も多いようですが、それは違います。
プリザーブドフラワーは、生花を特殊な液体に浸して出来ているお花なので非常に繊細に出来ているのです。雑に扱ってしまえば劣化してしまう原因になってしまいますし、きちんと保管方法を把握しておかなければ、お花も長持ちしなくなってしまいます。通販サイトで注文する時の注意としては、配送日です。今注文したらいつ届けてもらえるのか、という点をきちんと確認しておく必要があります。配送時に気にしておきたいことは、配送している途中に損傷がないかどうか。せっかく届けてもらったのに入れ物が割れていた、というケースもあります。そう言った時にもすぐさま対処できるよう、出来るだけ余裕を持ってプリザーブドフラワーを注文するようにしましょう。


レビューを確認する

注文する際にもう一つだけ確認すべきことがあって、それがレビューです。
プリザーブドフラワーを購入した人達がどんな風に感じたのか、配送状況はどうだったのかなど書いています。レビューを確認して店員の態度等がどうだったのか、プリザーブドフラワーの商品状態がどうなっていたのか。色々知ることが出来るので、一度目を通しておきましょう。配送が遅れてしまったとか書いてあるのであれば、やはり自分が思っているよりももう少し余裕を持ってプリザーブドフラワーを注文した方が良いです。時にはサイズについて書かれていることもありますから、参考に出来ることは頭に入れておいて、それから購入するかどうか悩むというのもアリです。特に自宅用ではなく贈り物として購入する場合は、細かい部分にまで目を光らせて!

プリザーブドフラワーは、その特徴から小物とアレンジしたものが多数あります。
見た目は生花でなかなか枯れない、そんな魔法をかけたような花が好きな小物とセットだったらと考えるとわくわくしてきますよね。
そのなかでも、人気の小物をご紹介いたします。


コサージュやブーケ

お祝い事や行事に欠かせないのが、コサージュやブーケです。
正装を着る機会がなにかと多いと、コサージュやブローチのような小物が必要になることが多くなります。
これまでは小物についている花といえば、明らかに作り物だとわかる造花ばかりでした。
プリザーブドフラワーはまだまだ知名度が低いので、より綺麗なワンポイントとして輝きます。
また、6月に入れば結婚式シーズンになって必要になるブーケが、式が終わった後も綺麗に咲き続けたら祝福の余韻に浸ることが出来ます。


プリザーブドフラワー製品は通販が盛ん

そういった小物はどこでお求めいただけるのかというと、ネットの通販が盛んです。
取り扱っている種類も多く、しようと思えばオーダーメイドの一品を作ることだって出来ます。
もし不良品だった場合でも、ネット上の取引であれば補償サービスなどが充実しているので、安心して利用することができるでしょう。

プリザーブドフラワーは自宅で飾って楽しむ方も多くいらっしゃいますが、やはり一番多いのはギフトとして利用される方です。
フランスで生まれてまだ日が浅いプリザーブドフラワーですが、ヨーロッパを中心に人気が高まっており、イギリスでは高級な贈り物としてポピュラーになりつつあります。
ドライフラワーとは違う魅力があるので、贈り物としてもらった方も喜ばれる方が多いみたいですよ。


プリザーブドフラワーは贈り物として長い期間楽しんでもらえる

枯れずに長く瑞々しい姿でいてくれるプリザーブドフラワー。贈り物として贈ってもその贈った年はもちろんのこと、上手に保存できれば次の年もその次の年もきれいなままで花を飾っておいていただけます。贈ったほうも、贈られたほうも、できるだけ長い期間飾っておきたいですよね。


花の種類もアレンジの種類も豊富

母の日や誕生日、それぞれに贈るべき花の種類も色も、アレンジも変わってきますから、その都度違う花を選びたいですよね。
最近では広い需要にこたえることができるので、贈る相手やシチュエーションで選びなおしましょう。また、実際の店舗でオーダーメイドや、プリザーブドフラワーについて相談できる場所もありますから、インターネットの通販だけでは心配だという人はそういった場所に足を運んでみるのも良いかもしれません。

参考ページ:彼女に贈る誕生日プレゼントランキング(プリザーブドフラワーは、彼女の誕生日プレゼント用のギフトとしても非常に人気です。リンク先では、お花以外にも色々な種類のギフトが紹介されています)

女性に花を贈るのは定番中の定番です。恋人どうしのときに男性から花を、なんて話はよく聞きますよね。キザだよね、と思いながらも女性は嬉しいものです。ただ、結婚してしまうと、それほどマメな方は減ってくるのが現実でしょうか。女性は、何年経っても、女性でありたいと思っています。そんな願望を満たすのが結婚記念日です。どうですか。結婚記念日にプリザーブドフラワー。


<近くに人気の店があれば>

勤務先の近くに人気のある店があれば、そこでプリザーブドフラワーを買って、帰宅したときに渡す、それだけでOKです。絶対に喜ばれます。保証します。それは想像以上の反応だと思います。それで夫婦間の関係がさらに円滑になれば、こんな良いプレゼントはありません。


<インターネットの利用>

近くにそのような人気のある店がなければ、もしくはあっても気に入るプリザーブドフラワーがなければ、インターネットを利用しましょう。問題はひとつだけです。日時指定をして自宅に送ってもらうのか、別の場所に送ってもらって自分で渡すのか、悩むところですね。日時指定なら必ずメッセージカードを付けてくれる人気のある店を選びましょう。自筆でなくてもかまいません。ほんの一言でだいじょうぶです。別の場所。これは迷いますね。勤務先で冷やかされても、という方は、こちらを選んでもいいと思います。さて、勇気を出して、購入しましょう。

プリザーブドフラワーのお花を使ってアレンジメントを行ったものの中で、本物のケーキをモチーフとしているものがあります。フラワーケーキと呼ばれているフラワーアレンジメントで、ガトーショコラや、フルーツケーキなどにバラなどを見立てたものです。


本物のケーキみたいなプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーのフラワーケーキは、ほとんど本物のような色や形をしています。ショコラの場合には、赤の中でも深い色合いの薔薇などを使いますし、ショートケーキをモチーフにしたデザインではピンクに近い赤など、鮮やかなイチゴのような色のお花を選ぶことで、お花のフレッシュな印象と、スイーツのかわいらしい魅力が引き出されるようです。女性が喜ぶプレゼントなどとも言われることがあるそうです。通販でも購入できるため、記念日のギフトにしても、ずっと飾っておけるのも人気の秘訣という意見もあります。


風水でもOKだから飾ってみたい

プリザーブドフラワーは風水などの観点からも、時を止めたお花とされるそうです。非常にきれいで、カワイイアレンジメントですから、玄関や殺風景になりやすい場所には是非飾っておきたいなと思う女性も多いかと思います。きれいなものが一つあると、このお花に似合う空間を作りたいなど、普段の掃除のモチベーションアップにもつながるようです。

プリザーブドフラワーは自分で作ることが出来るので、自分の好きなように作ってみませんか?
お花屋さんなどのお店を覗いても、なかなか自分好みの商品を見つけることが出来ない事ってありますよね。
それに、最近はこのお花の作品展も開催されているみたいなので、飾りではなく作品としても知られるようになってきました。
この記事を読んでいる皆さんも、自分だけの作品をぜひ作ってみてはどうでしょうか?


プリザーブドフラワーを作るには

プリザーブドフラワーを作るには、まず材料が必要になるのですが最初から作るのはちょっと・・・なんて人もいますよね。
そういう人は、通販サイトで花材や入れ物を購入してアレンジしながら作っていくのがいいと思いますよ。
花材を好きなように飾っていくだけなので、初心者でも大丈夫ですし少々不器用な人でも大丈夫ですよ。
また、お花だけではなくてそれを飾る入れ物にもこだわって飾っていくようにして下さいね。


変わった色のお花もありますよ

プリザーブドフラワーは、生花にはない変わった色をしたお花もあります。
青いバラとかがあるので、それをアクセントにして飾ってみるのもいいですし、変わった色のお花を集めて作ってみるのも◎。
自分好みのプリザーブドフラワーを作って飾ったり、誰かに贈ったりしてみましょう。

プリザーブドフラワーでは、加工された花弁を組み立てなおしてお花の形を作ります。通販などで多くあり、薔薇の花などを利用したアレンジが非常に有名です。しかし、プリザーブドフラワーでは他に、ガーベラやあじさい、カーネーションなど、シチュエーションに応じたお花をつくることが可能だと知っていましたか?


プリザーブドフラワーの種類

プリザーブドフラワーを扱っているお店でも、お花の種類は商品数が全く違うのですが、多くの場合はバラ、カーネーション、アジサイ、菊の花などが多いそうです。菊は仏花で見るものではなく、ラウンド型の菊などもあります。またカスミソウなども扱えるそうです。みどり色の部分にはライムなどの飾りを利用するので、さみしさも少ないそうです。


お祝いに合わせて選ぼう

例えばウエディングであれば、定番の薔薇のお花もいいでしょう。不祝儀でお渡しするのであれば、菊の花を利用したものが多いと言われています。お祝いや相手の好きなお花、お花の色を知っていれば、相手の好みに沿ったアレンジをいくらでも加えられる、変更できることもプリザーブドフラワーの魅力といえます。お店によってはお花の色だけを変更できるサービスもあるそうですから、アレンジメントの幅もとても広いものになるのです。

プリザーブドフラワーとは1年以上、生花のような色で咲くことのできる新しいお花です。花びらに含まれる樹液を抜き出すという特殊な加工を施して、お花の命を伸ばしています。このお花は、ウエディングブーケでも利用されているそうです。


プリザーブドフラワーのブーケで一生の記念に

過去、ブーケはブーケトスを行うものでしたが、現在、日本ではこの習慣が減ってきていると言われているそうです。代わりに、ブーケをプリザーブドフラワーで制作し、持ち帰る、ゲストみんなに、帰りにプレゼントするという人が多いと言われています。オーダーメイドのブーケを通販で受け付けているショップも多くあります。


ドレスの色と形に合わせて選ぶ

ウエディングブーケの選び方は、まずドレスの形や色に合わせるものとされています。バラの花が多く利用されますが、他のお花を希望する場合も、お店が作れるものであれば可能なケースが多いそうです。ドレスだけでなく、体型で横幅が気になる場合には、ブーケの尾を長くするスタイルできれいに見せることもできます。また和装の場合にも、ブーケを使うことは可能なのだそうです。メリアという大輪の一輪ブーケを利用することもあるといわれているそうです。

プリザーブドフラワーは、加工した本物のお花を使って作られたフラワーアレンジメントです。普通のお花よりも長期に渡って、お花の色などを楽しむことができるという面で、プレゼントなどにも非常によく利用されているそうです。


プリザーブドフラワーの相場は?

プリザーブドフラワーのアレンジメントは、基本的にお花の数が多ければ、多いほど値段が高くなる傾向にあります。これは花びらを一から職人さんが組み立てているためです。通販などでは3000円くらいのものが多く購入されていると言われています。お花は小さめのものが2つか3つくらい飾られているものが多いようです。お店でデザインが変わる、そのときの資材の入荷状態でお花が変わるというところもありますから、気になるときはチェックしてみましょう。


ブーケなどは高価なものも

ウエディングで利用するブーケなどは、ドレスの色やデザインとあわせてアレンジメントを考えるものもあるので、オーダーメイドのものは数万円するものもあります。お花の形や開く方向も、微調整が効くというのがプリザーブドフラワーの魅力です。このようなオーダーの場合は時間がかかるものもあるので、制作期間などと合わせて、早めに問い合わせるようにしましょう。

ogtzuq